Film Makers Field(フィルム・メーカーズ・フィールド)

FMF(フィルム・メーカーズ・フィールド)は福岡を中心に、個人映像、実験映像を行う団体です。3分間8ミリフィルムのアンデパンダン展「パーソナル・フォーカス」や実験映像を中心とした上映会活動などを開催しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

イメージフォーラム福岡上映の後で 

伊藤さんと宮田さんと門脇さんイメージフォーラムの福岡上映が先週あり、福岡だけの特別プログラムとして土曜日に九州芸工大(現九大)出身の映像作家、あの伊藤高志さんの特別上映と講演会がありました。イメージフォーラムの新作とは別に「SPACY」をはじめとする初期作品8作の上映のあと、芸工大時代のお話などをしておられました。その後、映像学会主催の打ち上げがあり、宮田さんと一緒に参加させていただきました。 写真はその帰り際にイメージフォーラムの門脇さん(中央)も交えて撮ったもの。


翌日、福岡のギャラリー&喫茶店の「屋根裏貘」にてかわなかのぶひろさんの上映会が開催。作品は昨年のイメージフォーラムフェスティバルで上映された「人である。福岡フィルム・メーカーズ・フィールド」を今回映像を追加してロングバージョンとしたものです。内容が内容だけに客観的に作品のことをみられないところもあり、感想は差し控えますが、機会があれば是非ご覧ください。
その後その貘で打ち上げ。
屋根裏貘にて1 かわなかさんと宮田さんが楽しそうに飲み、話しているのが印象的でした。


EDIT[2010/06/07 09:55] 映像イベントComment:0

響け。8ミリカメラと映写機の駆動音。 FILMIZM 参加者募集中! 

パーソナル・フォーカスにも出品されている高遠瑛氏よりのご紹介のイベントです。
講師として山幹夫氏も参加されるようです。東京はいいですね。みなさん、精力的です。


フジフィルムに続き、ついにコダックも名作モノクロフィルム「プラスX」を製造中止を発表しました。

FILMIZMでは、今動かせる限りの8ミリカメラで、店頭にある限りのフィルムで、今できる最高の作品を作りそれらの作品をアンデパンダンで上映する映画上映会を、8月8日(日)より、行います。


響け。8ミリカメラと映写機の駆動音。 FILMIZM 参加者募集中!

開催日時 2010 6 12日 (土)

開催場所 東京都 (下北沢 北沢タウンホール10階)


フジフィルムに続き、ついにコダックも名作モノクロフィルム 「プラスX」を製
造中止を発表しました。

FILMIZMでは、今動かせる限りの8ミリカメラで、店頭にある限りのフィルムで、

今できる最高の作品を作り それらの作品をアンデパンダンで上映する映画上映会を、8月8日(日)より、行います。

 

まずは、6月12日(土) 13時半 下北沢 北沢タウンホール10階に集合

8ミリフィルムカメラを廻す事を愉しみましょう。

テーマは「猫街」下北沢の裏道をのんびり歩きながら1リール3分の作品を完成させます。

夜19時からは恒例の 「フィルムパーティ」(フィルムもちより上映会)
沢地区会館 料理講習室 飲食代込み

どちらも参加費1500円(フィルミイ賛助会員 上映フィルム持参の方1000円)

偶数月 第二土曜開催 講師 山崎幹夫 (映画監督)


☆初心者⇔ベテラン大歓迎! カメラ貸し出しあり。必ずご予約下さい。

フィルムもちより上映会は自分が撮影したものでなくても可。押し入れに眠って

いる古いフィルムに光を当てましょう。もちろん新作も大歓迎!

公式サイト filmejapan.com/


お問い合わせは直接上記公式サイトの方へお願い致します。(tsu)


EDIT[2010/05/31 13:47] 関連作家イベントComment:0

ピンホール・フェスティバル2010in九州 

「ピンホール・フェスティバル2010in九州」というイベントが福岡県朝倉市黒川の「共星の里 黒川INN美術館」をメイン会場に開催されるそうです。
会期は6月1日から20日まで
詳しくはこちら
http://blog.goo.ne.jp/kyouseinosato

FMFとは関係はありませんが新聞で見て面白そうだったのでご紹介。

(tsu)


EDIT[2010/05/31 13:32] 映像イベントComment:0

有終の美。ってか? 


<パーソナルフォーカス2009-2010>福岡上映、遅ればせながらの報告です。
ご出品・ご協力いただいた方々への感謝の気持ちをと思いながら、
あれよあれよと言う間に時は過ぎ、ひと月前の出来事になってしまいました。
報告とは言え、もう思い出せないことばかりです。

8ミリフィルムの終末期に、生前葬をするかのごときFMFシネマテークのラストショー。
マスコミにも大きくとりあげられ、やはり終わるとなるとみんな惜しみたくなるもののようです。
どのような展開になるのか、立ち見をお断りするのは忍びないなと心配したものの、
蓋を開けてみるとやはりいつもの上映会。
FMFらしい。

東京・京都・岡山から駆け付けてくれた出品者の方々、
ハードな映写を貫徹してくれた映写技師、
スタッフの皆さん、
ご来場下さった方たち、
ありがとう。

とは言え、改善しなければならないことが多々あり作業は続行中。
やっと3月のシネマテークのプログラムを解体し始めたばかりです。

おまけに8度目の引越に追われて、
33年間の資料の山と格闘しています。
5月末日をもって、ネットも不通となります。
本ブログはサスケ工房のtsuさんにお任せして
しばしお休みします。

では。
FMF宮田靖子




EDIT[2010/05/31 00:00] 自主上映Comment:0

FMFシネマテークNO.118<パーソナルフォーカス2009-2010> 

simple820090429043916890.gif 

お待たせしました!
<パーソナルフォーカス2009-2010>
いよいよ封切りの目処がつきました。

福岡上映のご案内です。

 

<パーソナルフォーカス>は3分間(または1マガジン50フィート)の
8ミリフィルム作品であれば自由参加・無審査で上映するフィルムフェスティバルです。

1978年、FMFシネマテーク1周年を記念して開催され、
そのスタイルをほぼ変えることなく21回目を迎えました。
しかしながら最も手軽なフィルムとして愛されてきた“フジカシングル8”が2年後には姿を消し、
制作メディアとしての8ミリフィルムは未来像を描くことさえ難しくなってきました。

最後の<パーソナルフォーカス>の呼びかけに、全国各地から寄せられた作品は45本を数えます。
デジタルメディア全盛のこの時代にあって、これは驚くべきことです。
45本の8ミリフィルムは2時間半の長編フィルムとなり、
今回の福岡上映を皮切りに一年間に亘る巡回上映を始めます。

2010年4月25日(日) 14:00~17:00
会場;福岡県立美術館4F視聴覚室
料金;1000円ポッキリ当日券のみ
 

上映作品は追記に掲載しています


EDIT[2010/04/26 00:00] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/23 


14:00 ラジオの収録。今度こそ上手く行ったようです。この家はすごく電磁波が強いらしいです。
     前々から子どもたちが言っていたものね。中年には聞こえないノイズ・ハウス。

15:30 印刷所からプログラムが上がってきました。IFF福岡上映のチラシ折込などを済ませ準備万端。

18:00 川口肇氏、東京新宿駅からバスにて出発!
     本日収録分は、丁度、氏が博多駅到着の明朝7:40~RKBラジオ(1278)『どんどこサタデ―』にて放送されます。
     早起きな方はご笑聴ください。

明日(24日)は12:00より会場・県立美術館へ搬入。京都より保護者代表、福間映郎くん参入。
14:00~17:00 完全試写。夜は東京から万城目純氏が合流。打ち合わせを兼ねて軽~く懇親会。
当日(25日)には京都より平田正孝氏が参加されます。皆さんその日の内に帰途へ。有り難いことです。

PF日報も本日にて終了し、次は上映報告になる予定です。
この日報、意外や役に立ちました。
シネマテークの一週間くらい前から、映写トラブルの夢を見だすのが常なのですが、
(巻き取りリールがないまま映写を始めたとか…)今回は全くありませんでした。
それとなく、その日の仕事が終わったことを無意識にも告げておいた方が良いのかもしれないですね。
今更遅すぎの感有り。

そして、こんなに早く準備が整うことの落ち着かなさの原因は、
福岡でのPF封切り上映が2003年以来7年ぶりだということでしょうか。
前回のPF2007は東京neoneo坐が、番外篇は山形映画祭が封切りだったものね。

いえいえ、キチンとしているようで迂闊さが潜む我が性格、
直前まで慎重に、細心に、そして、どんどこやって来ます。

宜候!

FMF宮田靖子
EDIT[2010/04/23 19:20] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/22 


本日実務はお休み。

ながら、8ミリについての問い合わせ電話は入ります。
機材の修理に関しては、福岡でやってくれそうなところを紹介したり、
テレシネ業務やっているところを紹介したり。
さる代議士の講演フィルムがあるけれどそちらで見れないだろうかとか。
ううむ、実物を見ないと映写機にかかるタイプのものか、
かけられる状態なのか分からないし、とお答えしましたが、
8ミリ救援センターは、商売になるでしょうか…?
このような往年の8ミリムービストからの問い合わせとは別に、

今日は某ラジオ局の取材がありました。
こちらは元気な若いレポーター嬢。
「アタマに8ミリ映写機の音を入れたらどうかしら?」
「スプライシングのガチャ、バチン、の音も良いよ~」とついサービス。
とりとめないながら、真面目に8ミリフィルムとPFについて1時間ばかりお話。
ところが、
持ち帰って編集始めたら、バックに韓国語会話教室とラジオ体操の
音がかぶって入っていたとか…。
「怪奇現象が起こったんです」とはレポーター嬢の弁。
録音ヘッドがイカレてると8ミリでもそんなことありますが…。
で、明日またリテイクです。
しかしながら、韓国語会話とラジオ体操というのが何かマヌケで
私らしい。消化中の腸の音のようです。

上手くとれたら、24日(土)朝7:40からの放送らしいです。

今度のBGMはアラビア語と霧笛で渋く。

実は何か忘れていないか、とても不安なFMF宮田靖子でした。
EDIT[2010/04/22 17:16] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/21 

4巻全て繋がりました。
ひとつに繋がったフィルムたちは、これから一年間、
パーソナルフォーカス一家として巡業に出ます。
感慨も一入です。

観客の皆さんと同じように、私も繋がるまではフィルムを観ません。
最終的な映写がスムーズに行くように仕分けし、
タイトルやコメント、顔写真を眺めつつイメージしながら
上映順序を決めて行きます。
大体1週間くらい、ああでもないこうでもないと思案し、
ジグソーパズルのピースを埋めて行きます。
上手くいけば、ひとつのリールの中でひとつの流れが生み出される
という具合です。今回はいかがなりましょうか?観てのお楽しみ。

さて、今日はサスケ工房さんがお手伝いに来てくれたので、
上映マニュアル表作り、当日のポスター、映写・受付の用意も終わりました。
こんなに早く準備が終わってしまうと、何か大切なことを忘れているような気が
します。ジタバタと前日まで編集している人がいないからかな?

ではまた明日。

FMF宮田靖子

EDIT[2010/04/21 21:41] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/20 


 小糠雨降る福岡からお伝えします。

午前中に釣銭の用意で銀行へ、ついでに会場使用料の支払い。
新聞に掲載されたものの、問い合わせの電話はあまりなく、
8ミリ機材の修理や入手方法などの、「こちら8ミリ相談室」。

さて本日、REEL-3,4のクリーニングが終了。
フィルムケースに収まって、映写機にかけられるのを待つだけになりました。
ゆっくり優しくフィルムを扱いながら、スプライスの状態もチェックしていきます。
大変気を使う仕事ながら、実は好きな仕事でもあります。
映写されるのとはまた違った、平面オブジェを透過光で観るような楽しみがあり、
こうして観るだけで圧倒されるようなフィルムもあります。

そして、熟練者たちの見事なスプライス状態も見ることができ勉強になります。
作り始めたばかりに人たちには、良い学習の場になるのにナと思いながら、
独り占めしているようなものですね。

大したこともない日報を書くのは、ひとつにはアリバイ作りですが(ホント?)、
自分への指差し点検でもあります。編集って、ある意味孤独な作業だからね。

ではまた明日。

FMF宮田靖子


EDIT[2010/04/20 19:36] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/19 

【 上映プログラム 】 
     
作品タイトル/作者名(年齢/出品回数)/在住地

REEL-1  シングル8  (18fps/24fps/mg.1tra./op./silent)
01.満月 能登勝(52/04) 岡山
02.Good morning to you. 田中可也子(22/初) 山形
03.こまどり アニマル ZOO ほたるいか・ぷろだくつ(41/12) 東京
04.無援の抒情 小口容子(45/初) 東京
05.第3章 西田宣善(46/08) 東京
06.砂肝とビール 内村茂太(35/02) 東京
07.昭和51年1月3日<8ミリ撮影人もまた死す> 矢島中(故人/初)東京
08.3min. Rock'n Reel! 宮田靖子(53/21) 福岡
09.RE 山本宰(44/09) 福岡
10.照映 水由章(48/14) 東京
11.フジカブルー 大西健児(36/初) 東京

REEL-2  シングル8 (18fps/mg.1tra.2tra./silent)
12.下北沢で逢いましょう 出射広海(47/初) 神奈川
13.輝く夜に 岡田彩希子(33/初) 大阪
14.夏の残像-ぼくのおじいちゃん 1992夏-大西健児(36/初) 東京
15.芝生のニコル 新宅謙吾(35/03) 東京
16.山形映画祭2009 加藤到(51/15) 山形
17.夢幻 滄溟舎(―/02) 東京
18.からくりどけい 黒岡洋一(65/06) 岡山
19.芳一夜話   櫻井篤史(53/06) 京都
20.Andante 中原千代子(不明/06) 福岡
21.ながめ 野上寿綿実(29/02) 茨城
22.The Last Eight 森下明彦(不詳/09) 兵庫

REEL-3  スーパー8  (18fps/24fps/mg.1tra.2tra./op./CD/silent)
23.ノーザンライツ 大西健児(36/初) 東京
24.1979年さよならチンチン電車 田村年弘(54/04) 福岡
25.トイレットフェアリー 大西健児(36/初) 東京
26.2009 MARS/PARIS 太田曜(56/03) 東京
27.Lovers at shimokitazawa  高遠瑛(―/03)) 東京
28.恋 李恵眞(27/初) 埼玉
29.夜光(Night colors) 大西健児(36/初) 東京
30.渋谷駅、東京、2009年10月 大谷高美(32/初) 東京
31. 「夢の巡路」 池田泰典(36/02) 東京
32.ギフト 邱慕心(25/初) 東京
33.アルビレオ流星群  高遠瑛(―/03) 東京

REEL-4  シングル8  (18fps/24fps/CD/silent)
34.vanishing-eight 川口肇(42/14) 東京
35.還る 福間ののこ(21/初) 大阪
36.風の日曜 ヤジマチサト士(51/初) 東京
37.断簡零墨Ⅱ 堀内孝寿(―/03) 福岡  
38.Jongno 大野聡司(32/初) 神奈川
39.ひきはなれたフィルム(Curtained Film) 万城目純(―/13)東京
40.8月29日川崎 安武輝昭(34/04) 東京
41.「生態系作業」 小池照男(58/03) 兵庫
42.空という名の永遠 窪田浩一(47/初) 東京
43.抹殺された言葉への記憶 1 平田正孝(62/05) 京都
44.TSUMARI  NO  MATSURI 吉本裕美子(39/02) 東京
45.フルーツバスケット 大橋勝(48/14) 大阪
46.C'est fini ! 前田敏行(53/13) 東京

当日の上映順序が決定しました。(年齢/出品回数)・在住地は2009年のものです。


EDIT[2010/04/19 20:36] 自主上映Comment:1
プロフィール

fmfweb

Author:fmfweb
福岡の映像作家集団
フィルム・メーカーズ・フィールドの
ブログです。

DVD「FMF FUKUMA MIYATA FILMS」 発売中
詳細はhttp://www.asheyes.asia/にて
(下記リンク集にリンクしてます。)

ブログ内検索
FC2カウンター
メールフォーム
FMFへのお問い合わせ、ご意見ご感想などは このメールフォームより、お願いいたします。 また返信希望の方はアドレスを忘れずに。 なお、お返事に時間がかかる場合がございます。 ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

件名及び本文が英数字のみの場合、 仕様によりこのメールフォームからは メールが送れません。
QRコード
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。