Film Makers Field(フィルム・メーカーズ・フィールド)

FMF(フィルム・メーカーズ・フィールド)は福岡を中心に、個人映像、実験映像を行う団体です。3分間8ミリフィルムのアンデパンダン展「パーソナル・フォーカス」や実験映像を中心とした上映会活動などを開催しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

PF日報 2010/04/20 


 小糠雨降る福岡からお伝えします。

午前中に釣銭の用意で銀行へ、ついでに会場使用料の支払い。
新聞に掲載されたものの、問い合わせの電話はあまりなく、
8ミリ機材の修理や入手方法などの、「こちら8ミリ相談室」。

さて本日、REEL-3,4のクリーニングが終了。
フィルムケースに収まって、映写機にかけられるのを待つだけになりました。
ゆっくり優しくフィルムを扱いながら、スプライスの状態もチェックしていきます。
大変気を使う仕事ながら、実は好きな仕事でもあります。
映写されるのとはまた違った、平面オブジェを透過光で観るような楽しみがあり、
こうして観るだけで圧倒されるようなフィルムもあります。

そして、熟練者たちの見事なスプライス状態も見ることができ勉強になります。
作り始めたばかりに人たちには、良い学習の場になるのにナと思いながら、
独り占めしているようなものですね。

大したこともない日報を書くのは、ひとつにはアリバイ作りですが(ホント?)、
自分への指差し点検でもあります。編集って、ある意味孤独な作業だからね。

ではまた明日。

FMF宮田靖子


EDIT[2010/04/20 19:36] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/19 

【 上映プログラム 】 
     
作品タイトル/作者名(年齢/出品回数)/在住地

REEL-1  シングル8  (18fps/24fps/mg.1tra./op./silent)
01.満月 能登勝(52/04) 岡山
02.Good morning to you. 田中可也子(22/初) 山形
03.こまどり アニマル ZOO ほたるいか・ぷろだくつ(41/12) 東京
04.無援の抒情 小口容子(45/初) 東京
05.第3章 西田宣善(46/08) 東京
06.砂肝とビール 内村茂太(35/02) 東京
07.昭和51年1月3日<8ミリ撮影人もまた死す> 矢島中(故人/初)東京
08.3min. Rock'n Reel! 宮田靖子(53/21) 福岡
09.RE 山本宰(44/09) 福岡
10.照映 水由章(48/14) 東京
11.フジカブルー 大西健児(36/初) 東京

REEL-2  シングル8 (18fps/mg.1tra.2tra./silent)
12.下北沢で逢いましょう 出射広海(47/初) 神奈川
13.輝く夜に 岡田彩希子(33/初) 大阪
14.夏の残像-ぼくのおじいちゃん 1992夏-大西健児(36/初) 東京
15.芝生のニコル 新宅謙吾(35/03) 東京
16.山形映画祭2009 加藤到(51/15) 山形
17.夢幻 滄溟舎(―/02) 東京
18.からくりどけい 黒岡洋一(65/06) 岡山
19.芳一夜話   櫻井篤史(53/06) 京都
20.Andante 中原千代子(不明/06) 福岡
21.ながめ 野上寿綿実(29/02) 茨城
22.The Last Eight 森下明彦(不詳/09) 兵庫

REEL-3  スーパー8  (18fps/24fps/mg.1tra.2tra./op./CD/silent)
23.ノーザンライツ 大西健児(36/初) 東京
24.1979年さよならチンチン電車 田村年弘(54/04) 福岡
25.トイレットフェアリー 大西健児(36/初) 東京
26.2009 MARS/PARIS 太田曜(56/03) 東京
27.Lovers at shimokitazawa  高遠瑛(―/03)) 東京
28.恋 李恵眞(27/初) 埼玉
29.夜光(Night colors) 大西健児(36/初) 東京
30.渋谷駅、東京、2009年10月 大谷高美(32/初) 東京
31. 「夢の巡路」 池田泰典(36/02) 東京
32.ギフト 邱慕心(25/初) 東京
33.アルビレオ流星群  高遠瑛(―/03) 東京

REEL-4  シングル8  (18fps/24fps/CD/silent)
34.vanishing-eight 川口肇(42/14) 東京
35.還る 福間ののこ(21/初) 大阪
36.風の日曜 ヤジマチサト士(51/初) 東京
37.断簡零墨Ⅱ 堀内孝寿(―/03) 福岡  
38.Jongno 大野聡司(32/初) 神奈川
39.ひきはなれたフィルム(Curtained Film) 万城目純(―/13)東京
40.8月29日川崎 安武輝昭(34/04) 東京
41.「生態系作業」 小池照男(58/03) 兵庫
42.空という名の永遠 窪田浩一(47/初) 東京
43.抹殺された言葉への記憶 1 平田正孝(62/05) 京都
44.TSUMARI  NO  MATSURI 吉本裕美子(39/02) 東京
45.フルーツバスケット 大橋勝(48/14) 大阪
46.C'est fini ! 前田敏行(53/13) 東京

当日の上映順序が決定しました。(年齢/出品回数)・在住地は2009年のものです。


EDIT[2010/04/19 20:36] 自主上映Comment:1

PF日報・2010/04/19 

いよいよ今週末はパーソナルフォーカス福岡封切り上映です。
昨年11月1日の〆切、出品者の皆さまには大変お待たせしました。
先週金曜日、プログラム原稿を印刷所に入れ、昨日からフィルム繋ぎに入りました。
飛び入り作品が一本増え、合計46本になりました。
期せずして、第一回目のPFと同じ出品数となりました。(大して意味はないか…)

ほとんどが新作ですが、古い作品の出品もあり、傷みや変質のあるものも含まれます。
パーフォレーションの傷みが激しいものは補強させていただきました。
また、スプライスの状態が悪く、穴が開いていないものは、テープを貼り替える処置をしたものもあります。
本来ならば、作品に手は入れたくないのですが、PFの場合他の作品と繋げることになるので、
映写の便宜を考えてのことです。どうぞ、ご了承ください。

しかし、スプライシングテープをこんなに使うとは、失念していました。
3月のシネマテークの時、福岡ではなかなか手に入れづらいとこぼしていたら、関根博之さんから救援物資として
たくさんのテープが届きました。おかげで、4巻整いました。

感謝。

さ、整ったところで、明日からフィルムクリーニングに入ります。

FMF宮田靖子


EDIT[2010/04/19 16:39] 自主上映Comment:0

まなざし-光の箱庭、無事終了。 

多彩なゲスト、遠来の友人たちを迎えて、FMFシネマテークNO.117

<まなざし-光の箱庭>は無事終了しました。

ビルの一室(エレベーターなしの5階!)、

大きな窓を遮光することから始まった会場作り。

にわか作りの小さな上映会場で、8ミリフィルムの光が瞬いた3日間でした。

参加して下さった皆さんありがとう。一緒に8ミリ三昧できて楽しかったです!


EDIT[2010/04/05 14:37] 自主上映Comment:0

FMFシネマテークNO.117特集!8ミリフィルムvol.2<まなざし-光の箱庭> 

No.117FMF CINEMATHEQUE NO.117
特集!8ミリフィルムvol.2<まなざし-光の箱庭>
8ミリフィルムの膜面には美しい光の庭がある。
とすればフィルムメーカーたちは、暗箱を抱えた光の庭師なのだろう。
小さなフィルムのなかに蠢く粒子は、光の揺らぎとどこか包容的な質感を持つ。
まさに8ミリフィルムは<まなざし>を映し出すことに相応しい装置なのだ。

2010年3月26日・27日・28日   
会場 紺屋2023・501号室 http://konya2023.travelers-project.com 
料金 1プログラム1000円 3プログラム2500円 当日券のみ  

3/26(金)
19:00~山崎幹夫「猫夜」
猫夜 1992年/80min.
その頃ヤマザキは少し病んでいて
「神岡やカーコはこんな夜をどう過ごしているのだろう」との思いがつのり、
彼らに「撮れ。何か撮れ」と8ミリカメラを手渡したのだった。
複数のカメラによって切り拓かれた新世界。
音楽=勝井祐二


 3/27(土)

14:00~宮田靖子<Filmy Film 000-011>1985-2010/80 min.

 日常(生活)と夢想(制作)と妄想(シネマテーク)の間を往還しながら、
バランスを取っていたようなすっかり踏み外してしまったような25年間の残像。
その時々の感覚や気分で8ミリフィルムや世界と相見えようとした試み、
または宛先不明で投函された私信のようなもの。

 

16:00~関根博之「U.O」 UO  

「U.O vol.2」1993年 30分
「U.O vol.4」1993年 30分
「U.O vol.5」1997年 30分
           音声は関根博之作

 

東京都府中市にある元米軍基地の廃墟に出会ったのは1992年の事。
そこから歩いて30分のアパートに住んでいた私は、キャノン518SVを持参、
侵入し、ひたすらフィルムによる浮遊術を試み続けた。
「U.O」とはUnidentifiled Object(未確認物体)の意味である。(関根博之)

19:00~山幹夫「グータリプトラ」1999/55min.「あいたい」2002/11min.「夜の心」 2007/14min.グータリプトラ

「グータリプトラ」を観た時の感動は忘れない。
構成の妙、見続ける撮り続けるまなざし、叙情溢れる映像と声。
ああ、8ミリフィルムはこんなところにまで辿り着いたのだ。
期限切れ10年を経たフィルムによるフェイク作品「あいたい」、
山幹夫最後の8ミリフィルム作品「夜の心(よるのこころ)」も同時上映。                                                                                                        (宮田靖子)


3/28(日)VOYANT
14:00~関西八粍薄板界の痕跡
  100min.
もはや過去の遺物的なメディアとして「注目」されている8mmフィルム。
確かに今後生まれる作品数は些少だろう。
だがこれまでの 50~60年間 に作られた無数の作品を忘れてはいけない。
このプロ グラムは、関西 の80年代に遺されたフッテージの痕跡である。
                                     (櫻井篤史)

16:00~福岡八粍薄膜界の光跡  100min.
ラクレ FMF設立(1977)メンバーの作品と、FMFシネマテークで発表された作品をプログラム。詩人の感性が光る前野りりえ作品、ノスタルジックに12年の時を超えた松尾雄一の風景、1982年以来封印されていた「Arimation in Frames」も蟻酸と酢酸にまみれて開封される。

 


以上。お待たせした上に長くなりました。取り急ぎアップします!


EDIT[2010/03/29 00:00] 自主上映Comment:0

FMF2010年の幕開け。 

新しい年が明けました。目出度い年でありますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、幕開けはパーソナルフォーカスアンソロジー(一部)の東京こっそり上映です。

小金井市で行われる8ミリワークショップにて参考上映されます。

NO.116にて上映した、九州芸工大出品作品集の13作品とセレクトプログラム7作品です。

セレクトプログラムはあまりお目にかからなかった作品、久しぶりの上映となる作品を選んでみました。

1.Y29-KS/ 吉住美昭/1982

2.三角形の法則/ 木塚忠広/1983

3.乙女の祈り/坂本崇子/1983

4.「A」わが愛しき/森 優一/ 1983

5.FLICKERTIMESCAPE /江上計太/1984

6.ENIGMA/前野りりえ/1985

7.SNOW ROOM /中島 洋/1985  (3分間7作品・21分)

さて、NO.117の企画の方は年をまたぎ進行中です。

1月末にはHPなどでご紹介できると思います。お楽しみに~!

FMF宮田靖子


EDIT[2010/01/18 00:00] 自主上映Comment:0

NO.117福岡初上映の作品が続々。 

久しぶりのコメント嬉しいな~。

3月の8ミリ特集には福岡初上映の作品が盛りだくさんで登場します。

例の関西プログラム<関西八粍薄板界の痕跡>、対する<福岡八粍薄膜界の光跡>。

二夜連続で<山崎幹夫の夜>。どうだ~!

まだ日程と会場が決まっていないのが間抜けですが、追々お知らせしていきます。

お楽しみに。

FMF宮田靖子


EDIT[2009/12/20 00:00] 自主上映Comment:1

FMFシネマテーク事情。 

FMFシネマテークNO.116 特集!8ミリフィルムvol.1 は、今年一番の冷え込みの中無事終了しました。

何をもって無事とするかは諸説こもごもですが、ランプが切れるとか(上映直前の試写のとき切れました)、

上映作品が届かないとか(前日まで編集ということはあっても)、巻き取りリールを忘れたとか(取りに帰りました)

以外は気持ちの持ちようでどうとでも解釈できるもののようで、フィルムが回ってくれさえすれば、赤字になっても(本当はイタイ)、

多少寒くても(暖房が利かなくて半端なく寒かった)とても良いプログラムでした。(せめてもの自画自賛)

ご来場いただいた方々、ありがとう。

さて、カレンダーも代わり12月。いよいよパーソナルフォーカスの準備に入ります。

来年春4月、33年目を迎えるFMFの(散々やったからもうよかろうもん、て訳ではありませんが)ラストショーになります。

その前3月には特集!8ミリフィルムvol.2 を予定しているので(無謀という声も…)何もかもいっしょくたに博多がめ煮状態

で突っ走ります。

こんな訳で、今年の冬は冬眠できそうにありませんが、つんのめってバッタリ行かないよう、応援よろしくお願いします。

(FMF宮田靖子)


EDIT[2009/12/01 18:53] 自主上映Comment:1

NO.116、またまた追加上映。 

急に寒くなり、博多の街は歳末の風物詩、大相撲九州場所とせいもん払いの時期を迎えています。

だからという訳ではありませんが、川口肇作品集<眼底の粒子>に7作品が追加上映されることになりました。

フィルモグラフィー以前の超初期作品(高校アニメ部のころの作品や大学入学したての紅顔の美少年時代?の作品)を含む、現在上映可能な8ミリ作品をすべて上映します。“川口肇の8ミリ的全貌”をご覧いただけます。

なお、新作は現在制作中の出来立てほやほやが宅配されることになっています。乞うご期待!

ということで、22日のプログラムはAからBまでノンストップで制限時間いっぱいの取り組みになりそうです。


EDIT[2009/11/23 17:00] 自主上映Comment:0

伝説の作品が続々!シネマテークNO.116 

現在準備中のシネマテーク、特集!8ミリフィルムvol.1<Film ON Film ,Frame IN Frame >

Aプログラム九州芸工大作品集に、伝説の作品が続々追加上映されることになりました。

鳥飼康男『流 Streak  Motion』、黒岩俊哉『COURSE』『Stair』、柴敏隆『motivation』の4作品です。

このプログラムは、制限時間いっぱいの豪華蔵出しプログラムとなります。ゾクゾク、目玉が悦ぶゾ!

さて、パーソナルフォーカスは11月1日の締切日より同時進行にて準備に入りました。

現在出品の意思表明をしているものも含め、33本です。CDの作品も5本ほどあります。

12月から本格的に準備に入り、福岡上映は4月。ちょっと長い準備期間ですが冬の間熟成し、

春には冷やおろしで封切り予定です。お楽しみに!

 


EDIT[2009/11/23 17:00] 自主上映Comment:0
プロフィール

fmfweb

Author:fmfweb
福岡の映像作家集団
フィルム・メーカーズ・フィールドの
ブログです。

DVD「FMF FUKUMA MIYATA FILMS」 発売中
詳細はhttp://www.asheyes.asia/にて
(下記リンク集にリンクしてます。)

ブログ内検索
FC2カウンター
メールフォーム
FMFへのお問い合わせ、ご意見ご感想などは このメールフォームより、お願いいたします。 また返信希望の方はアドレスを忘れずに。 なお、お返事に時間がかかる場合がございます。 ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

件名及び本文が英数字のみの場合、 仕様によりこのメールフォームからは メールが送れません。
QRコード
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。