Film Makers Field(フィルム・メーカーズ・フィールド)

FMF(フィルム・メーカーズ・フィールド)は福岡を中心に、個人映像、実験映像を行う団体です。3分間8ミリフィルムのアンデパンダン展「パーソナル・フォーカス」や実験映像を中心とした上映会活動などを開催しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

4/11「アンドレ・バザン、君はもういないのか?」 

このたび宇波彰現代哲学研究所の主催によります、
ヌーヴェルバーグ50周年記念講座
「アンドレ・バザン、君はもういないのか?」を開催いたします。
作家主義を掲げヌーヴェルヴァーグの父といわれたアンドレ・バザンを通じ
映画と知を考える講座です。
ぜひふるってご参加ください。

▼主催:宇波彰現代哲学研究所
▼講座名 :アンドレ・バザン、君はもういないのか?
▼講師:宇波彰(当研究所上級フェロー、明治学院大学名誉教授)
▼ゲスト:川口肇(映像作家)、木村文洋(映画監督)、安井豊(映画美学校講師)
▼開催日:4月11日(土)
▼開始時間:13時より
▼会場:中野区立哲学堂公園霊明閣(集会場)
▼アクセス:中野駅・新井薬師前駅より
       「池袋駅西口」「江古田駅」
       「丸山営業所(新井薬師前駅経由)」行
                  『哲学堂』下車
      江古田駅より「中野駅」行『哲学堂』下車
▼受 講 料:1000円(実費)
事前申込不要 /テキスト不要
▼問合せ先:宇波彰現代哲学研究所 URL:http://uicp.blog123.fc2.com/
        稲見史人 uicp@marinenet.jp


プログラム

13:00-13:30
基調講演「アンドレ・バザンとその時代」安井豊
13:30-14:20
シンポジウム「映画を撮ること・観ること・語ること」
川口肇
木村文洋
安井豊

14:20-14:30 休憩

14:30-15:50
特別講義「1968年のラカン」宇波彰



プロフィール(アイウエオ順)


宇波 彰(うなみ あきら)

1933年静岡県浜松市生まれ。哲学者、文芸・芸術評論家。明治学院大学名誉教授。
東京大学仏文科卒業、同大学院哲学科修士課程修了。
埼玉県立川越高校、同所沢高校等の教諭をしながら雑誌等に評論を発表するほか、
フランス現代思想の翻訳を数多く上梓する。
1990年、明治学院大学文学部教授。2001年、定年退職、札幌大学教授。2005年、退職。
主な著作に『映像化する現代 ことばと映像の記号論』『新しい映画史を考える』(監修)
『誘惑するメディア 同時代を読む哲学』『記号的理性批判』など多数。
主な翻訳に『大衆プロパガンダ映画の誕生』(グレゴリー・ベイトソン)
『物の体系 記号の消費』(ジャン・ボードリヤール)
『カフカ マイナー文学のために』(ジル・ドゥルーズ, フェリックス・ガタリ)(共訳)など多数。


川口肇(かわぐち はじめ)

1967年東京生まれ。
九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部/福岡)にて実験映画に出会う。
以来フィルム・ビデオメディアを中心に世界の探求を基本テーマとする作品群を制作。
映像作家集団「フィルムメーカーズフィールド」に参加。
1993~2007年、山形にて東北芸術工科大学の教員を務める。
現在は東京でフィルムメーカーとして活動。2009年4月より阿佐ヶ谷美術専門学校非常勤講師。
デジタルビデオを用いた作品制作と
8ミリフィルム(自家現像等を含む)を用いた作品制作を両軸として活動中。

山形国際ドキュメンタリー映画祭、台湾國際紀録片雙年展(台北)、
Images Festival(トロント)、ルサス映画祭(フランス・ルサス)、
アン・アーバー映画祭(ミシガン)、DocPointヘルシンキドキュメンタリー映画祭、
イフラヴァ国際ドキュメンタリー映画祭(チェコ・イフラヴァ)
など上映多数


木村文洋(きむら ぶんよう)

1979年青森県生まれ。
大学在学中より映画製作を開始、同時に京都国際学生映画祭の運営に携わり
国内外の映画の上演を行う。
2003『ラザロ-LAZARUS-』(井土紀州監督)の第一部「蒼ざめたる馬」篇の企画を立ち上げ、
スタッフとして参加。
2007年に「自主制作/自主上映」スタイルで映画を発する
スピリチュアル・ムービーズの若手メンバー・桑原広考、
京都国際学生映画祭メンバーの高橋和博らとteam JUDASを形成、
自身の出身である青森県を舞台に六ヶ所村核燃料再処理工場に言及した『へばの』を初長編監督、
第32回カイロ国際映画祭International competition for Digital Feature Films
シルバーアワードを受賞。

第38回ロッテルダム国際映画祭Bright Future部門
第9回ドイツ・フランクフルト日本映画祭NIPPON DIGITAL部門
第9回TAMA NEW WAVEコンペティションノミネート作品
など上演多数


安井豊(やすい ゆたか)

1960年生まれ。
法政大学シアターゼロ、『ロックス・オフ』などの活動を経て
アテネ・フランセ文化センターのキュレーター、『シティーロード』星取表、
『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』編集委員、映画美学校初代事務局長をつとめるなど、
80年代中盤から90年代後半にかけて精力的に映画批評、自主映画、シネクラブなどで活動する。
アソシエイト・プロデューサーとして『夜の足跡』『寝耳に水』『月に行く』などの製作もおこなう。
その後沈黙を経て2006年から映画美学校の講師として「安井ゼミ」を主催している。
主な著作に『ロスト・イン・アメリカ』(共著)、
主な出演作品に『冷たい血』(青山真治監督)、『大いなる幻影』(黒沢清監督)など。

なお、同日の午前中に、企画仕掛人の稲見史人氏の講義があります。
面白そうです。

セックスと嘘と美少女ゲーム ~稲見史人の哲学ごっこ VOL.02~

2009/04/11 SAT. @ 中野区哲学堂公園霊明閣

START:10:00
ENTRANCE:100YEN


稲見史人プロフィール

宇波彰現代哲学研究所所員。
国籍、学歴、年齢など一切不明。
講義のためには手段を選ばない非情の覆面哲学者。
奇抜なアクションや凶器攻撃で受講者を翻弄する。
余りにも凶暴なため、講義時間以外は地下室に監禁されている。
趣味は新入社員の前でミニスカートをはき、わざとかがんでどぎまぎさせること。


attention!

この講義では未成年者にふさわしくない内容が含まれるため18歳未満の方の受講
はできません。また係員が年齢確認のため写真付き身分証明書の提示を求めるこ
とがあります。ご提示いただけない場合は受講をお断りする場合があります。あ
らかじめご承知ください。

EDIT[2009/04/09 20:56] 関連作家イベントComment:0
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

fmfweb

Author:fmfweb
福岡の映像作家集団
フィルム・メーカーズ・フィールドの
ブログです。

DVD「FMF FUKUMA MIYATA FILMS」 発売中
詳細はhttp://www.asheyes.asia/にて
(下記リンク集にリンクしてます。)

ブログ内検索
FC2カウンター
メールフォーム
FMFへのお問い合わせ、ご意見ご感想などは このメールフォームより、お願いいたします。 また返信希望の方はアドレスを忘れずに。 なお、お返事に時間がかかる場合がございます。 ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

件名及び本文が英数字のみの場合、 仕様によりこのメールフォームからは メールが送れません。
QRコード
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。