Film Makers Field(フィルム・メーカーズ・フィールド)

FMF(フィルム・メーカーズ・フィールド)は福岡を中心に、個人映像、実験映像を行う団体です。3分間8ミリフィルムのアンデパンダン展「パーソナル・フォーカス」や実験映像を中心とした上映会活動などを開催しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT[--/--/-- --:--] スポンサー広告| コメント(-)

FMFシネマテーク2015 

2015年12月12日(土)より福岡市中央区のIAFSHOP*にて
パート1 8㎜新作上映会 サヴァイヴァル8
パート2 シリーズ フィルムメーカーズ15 芹沢 洋一郎 芹沢式正しい映画の作り方
パート1パート2合わせ3時間超の上映会 全作フィルム上映 通しで1000円(当日券のみ)
上映会に合わせて 12月10日より13日まで IAFSHOP*ギャラリースペースにて展示企画も行います。
こちらは入場無料
スポンサーサイト
EDIT[2015/10/26 10:22] 自主上映Comment:0

FMFシネマテーク2015 

今年の12月に2年ぶり上映会を予定してます。ダブルAサイドの2プログラムで一本は日本各地の作家の作品を集めた新作集、もう一本は作家に焦点をあてたシリーズフィルムメーカーvol.15です。いずれもフィルム上映となります。詳細は来月には発表します。
EDIT[2015/09/26 00:33] 自主上映Comment:0

映画講座 

10月24日箱崎水族館にて映画講座やります。
今回のテーマは前衛映画/実験映画のなかから純粋映画です。
場所は箱崎水族館喫茶室
時間は18:30より
1000円+1ドリンク

純粋映画って何?てはなしです。
EDIT[2013/10/19 01:32] 自主上映Comment:4

8mmfilm 新作上映会 OPEN FILM BOX VOL.15 GOODBY LAB 

8mmfilm 新作上映会 OPEN FILM BOX VOL.15
GOODBY LAB
8mmfilm 新作上映会 OPEN FILM BOX VOL.15
GOODBY LAB を行います。
日時 11月23日15:30より
場所 箱崎水族館喫茶室
料金 1000円+1ドリンク
森下明彦氏 黒岩俊哉氏 川口肇氏を含むFMF映像作家8名による新作ショウケース。併せて福間良夫さんと櫻井篤史さんの映像書簡5部作一挙上映などを含む新旧8ミリ作品のスペシャルプログラムも併映。
森下氏はなんと自作の8ミリ紙フィルム(映写機も自作)の作品です。
今年9月に現像サービスが終了し、48年のオフィシャルな歴史を終えたフジ・シングル8。これを一つの区切りとして企画した上映会です。興味のある方は是非お越し下さい。
open film box vol.15 goodby lab
openfilmboxvol.15goodbyLABura

EDIT[2013/10/19 01:16] 自主上映Comment:0

映像講座開催 

2012年1月17日(木)19:00より 福岡市東区箱崎の箱崎水族館喫茶室(という名前の喫茶店)にて映画講座「アートシネマ講座 vol.1」を開催します。
会費800円+1ドリンクです。
今回は映画前史から映画の誕生、映画黎明期の作品までを紹介します。併せて現在のアートシーンにおける映像作品なども紹介する予定。スピーカーは山本宰です。
アートと映画の歴史を気楽に楽しく語り合えたらと思っています。



EDIT[2013/01/11 22:55] 自主上映Comment:0

有終の美。ってか? 


<パーソナルフォーカス2009-2010>福岡上映、遅ればせながらの報告です。
ご出品・ご協力いただいた方々への感謝の気持ちをと思いながら、
あれよあれよと言う間に時は過ぎ、ひと月前の出来事になってしまいました。
報告とは言え、もう思い出せないことばかりです。

8ミリフィルムの終末期に、生前葬をするかのごときFMFシネマテークのラストショー。
マスコミにも大きくとりあげられ、やはり終わるとなるとみんな惜しみたくなるもののようです。
どのような展開になるのか、立ち見をお断りするのは忍びないなと心配したものの、
蓋を開けてみるとやはりいつもの上映会。
FMFらしい。

東京・京都・岡山から駆け付けてくれた出品者の方々、
ハードな映写を貫徹してくれた映写技師、
スタッフの皆さん、
ご来場下さった方たち、
ありがとう。

とは言え、改善しなければならないことが多々あり作業は続行中。
やっと3月のシネマテークのプログラムを解体し始めたばかりです。

おまけに8度目の引越に追われて、
33年間の資料の山と格闘しています。
5月末日をもって、ネットも不通となります。
本ブログはサスケ工房のtsuさんにお任せして
しばしお休みします。

では。
FMF宮田靖子




EDIT[2010/05/31 00:00] 自主上映Comment:0

FMFシネマテークNO.118<パーソナルフォーカス2009-2010> 

simple820090429043916890.gif 

お待たせしました!
<パーソナルフォーカス2009-2010>
いよいよ封切りの目処がつきました。

福岡上映のご案内です。

 

<パーソナルフォーカス>は3分間(または1マガジン50フィート)の
8ミリフィルム作品であれば自由参加・無審査で上映するフィルムフェスティバルです。

1978年、FMFシネマテーク1周年を記念して開催され、
そのスタイルをほぼ変えることなく21回目を迎えました。
しかしながら最も手軽なフィルムとして愛されてきた“フジカシングル8”が2年後には姿を消し、
制作メディアとしての8ミリフィルムは未来像を描くことさえ難しくなってきました。

最後の<パーソナルフォーカス>の呼びかけに、全国各地から寄せられた作品は45本を数えます。
デジタルメディア全盛のこの時代にあって、これは驚くべきことです。
45本の8ミリフィルムは2時間半の長編フィルムとなり、
今回の福岡上映を皮切りに一年間に亘る巡回上映を始めます。

2010年4月25日(日) 14:00~17:00
会場;福岡県立美術館4F視聴覚室
料金;1000円ポッキリ当日券のみ
 

上映作品は追記に掲載しています


EDIT[2010/04/26 00:00] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/23 


14:00 ラジオの収録。今度こそ上手く行ったようです。この家はすごく電磁波が強いらしいです。
     前々から子どもたちが言っていたものね。中年には聞こえないノイズ・ハウス。

15:30 印刷所からプログラムが上がってきました。IFF福岡上映のチラシ折込などを済ませ準備万端。

18:00 川口肇氏、東京新宿駅からバスにて出発!
     本日収録分は、丁度、氏が博多駅到着の明朝7:40~RKBラジオ(1278)『どんどこサタデ―』にて放送されます。
     早起きな方はご笑聴ください。

明日(24日)は12:00より会場・県立美術館へ搬入。京都より保護者代表、福間映郎くん参入。
14:00~17:00 完全試写。夜は東京から万城目純氏が合流。打ち合わせを兼ねて軽~く懇親会。
当日(25日)には京都より平田正孝氏が参加されます。皆さんその日の内に帰途へ。有り難いことです。

PF日報も本日にて終了し、次は上映報告になる予定です。
この日報、意外や役に立ちました。
シネマテークの一週間くらい前から、映写トラブルの夢を見だすのが常なのですが、
(巻き取りリールがないまま映写を始めたとか…)今回は全くありませんでした。
それとなく、その日の仕事が終わったことを無意識にも告げておいた方が良いのかもしれないですね。
今更遅すぎの感有り。

そして、こんなに早く準備が整うことの落ち着かなさの原因は、
福岡でのPF封切り上映が2003年以来7年ぶりだということでしょうか。
前回のPF2007は東京neoneo坐が、番外篇は山形映画祭が封切りだったものね。

いえいえ、キチンとしているようで迂闊さが潜む我が性格、
直前まで慎重に、細心に、そして、どんどこやって来ます。

宜候!

FMF宮田靖子
EDIT[2010/04/23 19:20] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/22 


本日実務はお休み。

ながら、8ミリについての問い合わせ電話は入ります。
機材の修理に関しては、福岡でやってくれそうなところを紹介したり、
テレシネ業務やっているところを紹介したり。
さる代議士の講演フィルムがあるけれどそちらで見れないだろうかとか。
ううむ、実物を見ないと映写機にかかるタイプのものか、
かけられる状態なのか分からないし、とお答えしましたが、
8ミリ救援センターは、商売になるでしょうか…?
このような往年の8ミリムービストからの問い合わせとは別に、

今日は某ラジオ局の取材がありました。
こちらは元気な若いレポーター嬢。
「アタマに8ミリ映写機の音を入れたらどうかしら?」
「スプライシングのガチャ、バチン、の音も良いよ~」とついサービス。
とりとめないながら、真面目に8ミリフィルムとPFについて1時間ばかりお話。
ところが、
持ち帰って編集始めたら、バックに韓国語会話教室とラジオ体操の
音がかぶって入っていたとか…。
「怪奇現象が起こったんです」とはレポーター嬢の弁。
録音ヘッドがイカレてると8ミリでもそんなことありますが…。
で、明日またリテイクです。
しかしながら、韓国語会話とラジオ体操というのが何かマヌケで
私らしい。消化中の腸の音のようです。

上手くとれたら、24日(土)朝7:40からの放送らしいです。

今度のBGMはアラビア語と霧笛で渋く。

実は何か忘れていないか、とても不安なFMF宮田靖子でした。
EDIT[2010/04/22 17:16] 自主上映Comment:0

PF日報 2010/04/21 

4巻全て繋がりました。
ひとつに繋がったフィルムたちは、これから一年間、
パーソナルフォーカス一家として巡業に出ます。
感慨も一入です。

観客の皆さんと同じように、私も繋がるまではフィルムを観ません。
最終的な映写がスムーズに行くように仕分けし、
タイトルやコメント、顔写真を眺めつつイメージしながら
上映順序を決めて行きます。
大体1週間くらい、ああでもないこうでもないと思案し、
ジグソーパズルのピースを埋めて行きます。
上手くいけば、ひとつのリールの中でひとつの流れが生み出される
という具合です。今回はいかがなりましょうか?観てのお楽しみ。

さて、今日はサスケ工房さんがお手伝いに来てくれたので、
上映マニュアル表作り、当日のポスター、映写・受付の用意も終わりました。
こんなに早く準備が終わってしまうと、何か大切なことを忘れているような気が
します。ジタバタと前日まで編集している人がいないからかな?

ではまた明日。

FMF宮田靖子

EDIT[2010/04/21 21:41] 自主上映Comment:0
プロフィール

fmfweb

Author:fmfweb
福岡の映像作家集団
フィルム・メーカーズ・フィールドの
ブログです。

DVD「FMF FUKUMA MIYATA FILMS」 発売中
詳細はhttp://www.asheyes.asia/にて
(下記リンク集にリンクしてます。)

ブログ内検索
FC2カウンター
メールフォーム
FMFへのお問い合わせ、ご意見ご感想などは このメールフォームより、お願いいたします。 また返信希望の方はアドレスを忘れずに。 なお、お返事に時間がかかる場合がございます。 ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

件名及び本文が英数字のみの場合、 仕様によりこのメールフォームからは メールが送れません。
QRコード
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。